3がつ14にち

ホワイトデー。

オトウヤンにま、ま、マカロン様をもらった!!!

じつは、オレ、マカロンってたべたことないの。

こんなちっこいお菓子1個が、何百円っていうのが

こわくてこわくて!

うけとったとき、おかしな汗がでたよ!!!

穴があくほどながめていたら、

「見てないで食えよー」とオトウヤンが言うんだけど、

なかなか袋をあけられない・・・。

「そうやって、貧乏性こじらせたオカアヤンは

マカロンを腐らせるんだ・・・」とつぶやかれて

いそいで袋をあけた!

テンパってておいしいのかおいしくないのかわからない!

とにかく、心がおいしい・・・。

3がつ13にち

最近のオトウヤンを漫画にかいてみたよ。

3がち12にち

コープのチラシでみつけた気になる商品

3枚重ねのトイレットペーパー。

ダブルでもなんとなくもてあましてしまう

貧乏性には信じられない商品だわ!!!

たかがウンコふく紙を3枚重ねにする意味がわからん。

しかも!しかもだ!

香りまでついてるんだぜ!

ウンコくさいケツふくのに、お花の香りは必要なのか?

なあ、セレブの人!教えてくれ!

必要なのか!?必・要・な・ん・で・す・か!!

あと、コレ。

鼻の毛穴がツルツルになっちゃうらしいよ。

オレの目がおかしいのかしら?

毛穴がツルツルになるだけじゃなくて、

鼻自体の形もかわっちゃってる気がするんだ。

鼻ぺちゃやブタ鼻で悩んでる人も使った方がいいとおもうよ!!!

3がつ11にち

ネタにつかいそびれたまま

ケータイにはいっていた画像。

こんなんばっかり・・・。

3がつ10にち

オトウヤンがあいかわらず、魚群探知ネコの作曲で

かまってくれなかったので、

昨日もらったスケッチブックに

オトウヤンの似顔絵をかいていた。

おえかきにあきてきたころ、

オトウヤンがやっと振り返った。

「お!やっとかまってくれるのか!!!」と思って

ビール!ビール!とうかれていたら、

「かまってあげよう!さあ、歌いなさい!」と

マイクを渡された・・・。

とうぶん、オトウヤンの頭の中は魚群探知ネコでいっぱいのようだ。

ビールあおりながらヤケで歌ってやった!

新曲「GYOGUNTANCHIネコ」マイスペースにあがってます・・・。

3がつ9にち

オトウヤンがスケッチブックと2Bのえんぴつを

買ってきてくれた。

「オカアヤン、もっと漫画かきなさい」って。

オトウヤン、ほんとオレのヘタクソな漫画好きだなあ。ふふふ。

なんて思っていたけど、

オトウヤンが作曲作業してるときに、

オレが無駄にしゃべったりおどったりして

邪魔しないようにっていう作戦だったようだ・・・。

「おえかきさせときゃしずかだから」って・・・。

オレは幼児ですか。

3がつ8にち

冷蔵庫を開けたらアルコールが切れていた。

手の震えを止めるため、

ホームなセンターにアルコールを狩りにいってきた。

ついでだから、ナニかお値打ち品はないかしらとチラチラ店内を物色。

するとカーテンで仕切られた神々しいオーラ漂う場所を発見した。

「あら、ここはナニ?」

オレは当然のようにカーテンの奥に吸い込まれてしまった。

はうううっ!まぶしい!!!

なんとソコは、ヌラヌラしちゃうような聖域!

(性域の方が正しいわね)

ワナワナしつつもめんたまギラつかせ、

あらゆる棚を凝視しまくったわけ。

そしたら!お宝を掘り出してしまった。

「ヨン様のお宝」

こ、コレはある意味埋蔵金よりお宝だ!

しかも大人気の微笑みカラーなのよ!

オレはしばらく「ヨン様のお宝」を握りしめ放心状態。

パーマをキツくあてた無数のおばちゃん達が

オレの頭の中で淫らにヨン様のお宝と戯れている。

「ヨン様スミダ!逝くだゴスミダ!」

悶々!悶々!悶々!

「オカアヤン、そんなもの棚に戻しなさい!」という

オトウヤンの怒鳴り声でやっと我にかえった。

あぶなかったー。

オレ、パンチパーマになりかけてたよ。

(ママチャリにまたがりつつあえぎながら)

それではみなさん、ハムとササミダ!(デブ語でまたねっの意味)

安売りワゴンにマネキン親子がいたので、

マネキンといっしょにサクラをやってみてる↑

3がつ7にち

デパートのゲームセンターは

UFOキャッチャーが、アホほどならんでいる。

昔はぬいぐるみやパンツやキーホルダーとかだったけど、

今はなんでもアリだよね。

アイスクリームのUFOキャッチャーを夫婦でながめる。

「こんなの・・・一階の食品売り場で素直にかえばいいのに・・・

100円で普通にかえるじゃんか」と

おもわずつぶやいたら、

「オカアヤン、みんなはね、

100円で買えないハーゲンダッツとかをねらうんだよ!」と言われた。

いやしかし!納得いかない!

捕れたとしても食べたい味じゃなければ納得できない!

そしてなにより、100円で捕れる気がしない!

オレの中の87人のオヤジが眉間にシワをよせている。

のこりの13人のオヤジは「どうでもいい」と鼻くそをほじっている。

3がつ6にち

最近切り干しダイコンを作ってみている。

煮物で使うダイコンは厚めに皮をむくんだけど、

なんだかもったいない・・・。

貧乏心が許さない。

かといって、キンピラはもう飽きた。

キッチンペーパーの上にならべて、

「かわけーかわけー」と念じている。

死んだばあちゃんが、

よく、なんでもかんでも干していたのを思い出す。

じじいのフンドシの横にいろんなものが干されていた。

魚もダイコンもウメも山菜もフンドシと一緒に風をあびていた。

小さい頃はじじいのチンコエキスが配合されていそうで、

ばあちゃんが干したモノの料理はあまり好たべなかったなあ。

今では、オトウヤンのももひきの下にならべられたダイコンの皮が愛おしい。

ももひきたちが揺らめいて、うちわの働きをしている。

あのときのフンドシのように・・・。

ここ、感動して泣くとこ!!!

3がつ5にち

ニッセンのカタログ見てて、気になったページ。

ヒゲ女としては見逃せないイラストだわ。

そして体毛女として(りっぱな背毛)コレも見逃せない。

「このワキ、ウデのワイルド感!」てフレーズは

いつかどこかで使ってみたい。

履歴書の「長所」とか書く欄とか。

それからこのおっぱいの悩み特集ページね。

しかし、まあいろいろ考えるもんよねえ。

乳首の色の悩み、大きさの悩み、ハリツヤの悩み。

いろんな悩みの数だけいろんなおっぱいが

世の中にはあるってことね!おっぱい天国!揉みてぇ〜。

しかし、この機具はいかがなもんかしら・・・。

陥没乳首のお悩み解決マシーンらしいんだけど、

乳首を吸引して立たせるっぽい。

夜な夜な、鏡の前で乳首を吸引。

ダブルの刺激で集中ケアよ!

よく説明をよんでみると、

乳首に吸引→停止→吸引→停止を

なんと1分間に3000回もくり返すらしいわ!

ヤリたい盛りの男子だって、

そんなに乳首吸引できやしないわ!

乳首もげる!

なんか、はてしなく辛そうだ・・・。

想像しただけで目眩がするわ。

3がつ4にち

YouTubeで、アクセル君を見つめながら、

オトウヤンがボソっとつぶやいた。

「ああ・・・オレも腕が長かったらなあ・・・」

え?腕が長かったらなんなの?

つか、ソコなの?

ソコだけでいいの?

腕かあ・・・。腕ねえ・・・。

つまり、こういうことだわね。

腕が長かったら、ETに近付ける。

3がつ3にち

オトウヤンがかまってくれない時間、

オレはマンガをかいてヒマつぶしてる。

絵も字もヘタクソだけど、オトウヤンが喜ぶし。

今日は、この間見た夢をマンガにかいてみた。

そろそろ、スキャナーとかいう未来の道具を

買ってくれないだろうか。

あと、2Bの濃いエンピツも・・・。

3がつ2にち

オレの一晩かけた情熱が

今形になって目の前に!!!

どうよ!このブキブキとしたセクシーなプロポーション。

箸でつついただけでホロリとくずれる柔肌!

オレはこんなに興奮してるのに、

オトウヤンは今日も作曲なんぞしていて

パソコンの前からうごかない・・・。

漫画にするとたぶんこんな風に思ってるんだと思う。

3がつ1にち

スーパーにいったら、大好きな豚足がなんと50円!

コレをかわなきゃ珍味好きの名がすたるぜ!

勇んで購入して、明日用の夕飯のおでんにぶっこんだ。

さわってるだけでよだれがとまらない。

何度も土鍋のふたを開けては

豚足を愛おしく見つめたわ。

あんまりにもオレが豚足と見つめあってるもんだから、

オトウヤンが「もうたべちゃえば?」と言う。

ちがうんだよ!明日なの!

このジラシがたまらないの!

エロ漫画でもあるだろ?

「そんなにじらされたら!

あたしおかしくなっちゃぅ〜〜〜〜〜〜!!」って!

豚足相手に、こんなにも情熱的になれる

新しい自分を発見できた夜。